2014年5月11日日曜日

ヒネリの小さなショルダーバッグのご紹介


みなさまこんにちは。

本日は新たにデザインした小さなショルダーバッグのご紹介です。

ふたは「ヒネリ金具」で留めます。

実は私はのこ「ヒネリ」がなぜかすごく好きです。
閉めるときにぎゅっと圧迫しなくて良いので、
バッグ本体にも中のものにもやさしいところ、磁気を発しないところ、
なんとなく懐かしい感じのデザインになるところ、などでしょうか。




ふたをぱかっと開けると、
前面に外ポケットが二つついています。

このポケットは、中でちょっと面白い構造になっているのですが
上手く説明できそうにないのでぜひ工房で。



(左上から時計回りに)
・こまごまとした物がこんな感じで入ります。
・グリップがあると何かと便利です。本体の型くずれ防止にもなります。
・後ろ側は何もありません。オプションでポケット仕様に変更もできます。
・Dカンの根革は久しぶりに葉っぱ型にしました。実際に見ると、
 やや肉盛りされてふっくらしています。




ショルダーを総革に変えてもまた良いかもしれません。
この形を黒の革で作っても素敵かなと思います。
古い映画に出てきそうな感じ、になるでしょうか。

かなり大雑把な概寸ですが、

底幅:25cm
マチ幅:10cm
高さ:18cm(フタの部分込み)



ピカピカの新商品です。
商品開発にあたって沢山のアドバイスを下さった F さま、
本当にありがとうございました。

みなさま、どうぞよろしくお願い致します。




それでは本日もこの辺で。
ごきげんよう。





京都の「豆平糖」というお菓子をいただきました。
琥珀色のとてもきれいな飴です。
煎り大豆が入っていて、その部分にさしかかると
とても香ばく、コリコリといい歯ごたえです。
ありがとうございました。