2011年8月26日金曜日

夏休み自由研究


皆さまこんにちは、多田です。
過日私は札幌市内某所の
工房見学をさせて頂きました。

「夏休み自由研究」のような気持ちで伺ったその場所は…、


「梅原製甲所」さんの工房です。

過日、札幌の革関係の方々の集いで
ご縁のあったご夫妻です。



「製甲」とはなんぞや?


えっと、「靴」を作るお仕事だそうです。


で、靴の、上の部分。

「底」以外の、上の部分を
専門的に作られるお仕事です。

(こんな説明で
わ、わかりますか?)

今回私は、梅原ご夫妻の工房に
写真を撮らせて頂くために伺いました。



梅原・奥さまは、
東京育ち。
ちゃきちゃきの江戸っ子風話法
(私にはそんな風に聞こえる)
の女性です。

「今日ね、多田さんの為に
おいしいケーキかってきたの!
好きなの選んでよ!
ね、どれでもいいからさ。
さ、さ、食べよ。
おいしいんだって!」

と、いう感じが、
なんだか私には
とってもキュートに
響くのです。

ふふふ。



あ、ではお言葉に甘えてモンブランを。
いただきます。

梅原・ご主人と奥さまと
ケーキと珈琲を頂きながら
少しお話したあと、
さっそく工房へ。



実際にお仕事の様子を見せて頂く。

これぞ職人さん!

とっても動きが速い。
そして、正確で美しい。


す、すみません、
シャッタースピードがついて行けません!
ちょっとそこで止まって頂けますか!?



梅原・ご主人:「はい、こんな感じでいい?」

あ、ありがとうございます(パシャ)。



途中から、カメラを向けると
自主的に手を止めて下さる奥さま。

恐縮です…。



初めて見る道具、
初めて見る作業、
リズミカルな動き。

もう、勉強になることだらけで
興奮しっぱなしでした。



アンパンマン。

娘さんが作られたそうですヨ。



途中、息子さんが帰宅される。

「こんにちは」
と、ご挨拶にきてくれる。



休憩時間、
奥さまがご主人に珈琲を。

ご主人が奥さまに
「ありがとう」と仰る。

小さな一つ一つからにじみ出る
ご家族のほっとする雰囲気。



今回の「夏休み自由研究」の結果は、
後日改めて
ご紹介させて頂きたいと思います。



梅原ご夫妻、
本当にありがとうございました。



それでは、
本日もお越し下さった皆さま
ありがとうございました。


わっ。
すごいにわか雨!
窓しめなくっちゃ!




ごきげんよう!