2011年8月14日日曜日

バッグができるまで 其の弐


皆さまこんばんは。
雨の札幌より、多田です。

さて、引き続き
バッグができるまでの様子を
ご紹介致します。

しかし、この企画、自分で始めておいて何ですが、
けっこう難しいことに気がつきました。

制作中はかなり意識していないと
どんどん次の段階に進んでしまって、
「あっ、写真取り忘れた!」
ということに…。

しかも、なんとなく退屈な内容の気もしますが、
(作っている私は最高に楽しいのですが)
もし良かったらお付き合い下さるとうれしいです。



本体と底を裏でミシンで縫い合わせて
ひっくり返したところ。

返すときは手袋をはいて
優しく、慎重に。
でも大胆に。




裏地を作る準備。

裏地用の型紙を起こして、
裁断を終えたところ。

すずらん鞄の裏地は
綿100%の布地です。

軽くてちょっとカジュアルなバッグを
作りたいのです。

色をもっと増やそうかな〜、
と、検討中。



ファスナー作業の様子。

好きな長さに自分で作ります。



ファスナーの引き手。

これも自分で好きなようにデザインします。

私が働いていた工房内用語(?)では
「ひっぱり」
と呼んでいたので、
いまも私にとってこれは
「ひっぱり」。



「うちみつけ」

裏地の上の部分。
(よくわからないですね…)



裏地が徐々に形になってきましたよ。

続きは、また次回で。



うわっ。
おいしいものができてしまった…!
どうしましょう。

(黒さんごきゅうり、カンホアの塩、
千鳥酢、自分で作った梅ペースト、
自分で作った山椒のしょうゆ漬け)



今期はまだ一度も着ていない。
去年は随分着ていたのに。

明日こそ着よう。
うん、そうしよう。

夏が、終わってしまう。



ではでは、
本日も最後までお付き合い下さって
ありがとうございました。


ごきげんよう。