2011年8月4日木曜日

二つ折り財布、水やり当番、電話


できあがり。

お父さまへのプレゼントだそう。
大切な贈り物にお選び頂いた。

ありがたいことだ。



この小銭入れ使いやすい!
と、私は思います…。



家の梅の木の果実。

熟れて
ぽとっ、と落ちてきたので
拾って頂くことに。




私は砂糖も蜂蜜も持っていないので
刻んだデーツと一緒に煮て
ジャム風のものにしてみた。
それでもかなり酸っぱい。
私にとっては、ちょうどいい。



サンドイッチの一番好きな部分。

ここだけ下さい!



友人の不在中、
彼女宅の水やり当番を任命される。

このように元気です。
お部屋も何事もありませんヨ。

安心して旦那さまと素敵なお時間を。



シンとした部屋に置いてあった
友人のメモを見て冷蔵庫を失敬したら、
こんなことになっていた。
 
なんという心遣い…。
嫁に来て欲しい。



「育ったハーブは収穫して食べて下さい」

とのことで、お言葉に甘える。



タイムとローズマリーで
ラタトゥイユを作る。

作った直後は
たんなる野菜の煮物だけれど、
一晩経つと
ラタトゥイユの味になる。



うーん、不思議。

「時間」
という名の魔法のスパイス。



沢山のカワイイお返事を頂いた。

ふと思ったのだが、
普通DMにお返事って書かないが…?

そうか、私が1枚ずつ
手書きでメッセージを書いて
送っているからか。

とてもうれしい。




忘れもしない、
7月30日の正午ころ頂いたお電話で、
私はある一つの大きな精神的ハードルを乗り越えた。

「はい、すずらん鞄です」

と、言って電話に出たのだ!

これは、文字通り「人生で初めて」のことであった。
(それまでずっと「はい、多田です」でお茶をにごしてきた)

なぜかというと、

だって、

は、は、は、恥ずかしかったんです…。


その日のお電話では、
なんだか緊張して
声がひっくり返ったりしてしまいました。

あ〜、もぅ〜。





ではでは、

札幌は夏本番の数日になりそうですが
もっとお暑い地域の皆さまも含めて
くれぐれもご自愛下さいますよう。

また。

ごきげんよう。