2011年5月15日日曜日

酒井さんと高田さんの楽しいお仕事


皆さま、こんにちは。
青空の札幌より、多田です。

今日は新しい工房、現地で待ち合わせをし、
不動産屋さんと契約のお話をする日です。

ついでに部屋の採寸もするため、
姉と義兄のノリさんが一緒に来てくれました。


皆さま、ご紹介致します。
こちらが不動産屋さん『taft』の酒井さんです。

この方は、今までまったくお会いした事のないタイプの不動産屋さんです。
とにかくスゴイ!

先日一度だけ、今の「すずらん鞄工房」へお越し下さいました。
その時に感じたこと、それから私のウェブサイトまで見て下さり、

「多田さんのこの感じなら、こうこう、こんなことをしたいに違いない」

ということを敏感に察し、先手先手で行動して下さっているのです。

今回、内装に関してほぼあきらめていた部分も、
酒井さんが大家さんに掛け合ってくださったことで
色んなことが実現しそうです。

酒井さん、なんてスゴイんでしょう…。


酒井さんは、
「僕、こういう柱とか見るの、大好きなんですよね〜」
なんて言って柱をなでてらっしゃいました。

家の工房へいらしたときもそうでしたが、
「家」とか「建築物」に心からご興味があるようです。


多田:「酒井さん、今のお仕事楽しいですか?」


酒井さん:「メッチャ、たのしいです!!」


こんな素敵な出会いをありがとうございます。

と、酒井さんにインタビューしている間に、姉とノリさんは採寸の真っ最中。

がんばって〜。

私、見てるだけ〜。



さて、今日の打ち合わせは一旦解散。

その後私は『丸井今井』へ。
『en』の珈琲豆ボタンでお世話になっている
『不悉洞』高田義一さんの作品展へ。

高田さんの大好きなお酒『加賀鳶』一升瓶を購入。

のし!

白いお豆ボタンとはまた違った高田さんの作品たち。

多田:「見ているとお料理を盛りたくなっちゃいます」

高田:「僕のは工芸品だからね。使ってもらってなんぼなんだよ」


なんという偶然でしょうか、
高田さんの口から、またこんなお言葉が。

「僕は本当に楽しんで仕事をしているからね」

今日はうきうき気分の私です。




お皿を一枚購入させて頂きました。
サンドイッチは、高田さんが帰り際に持たせて下さったものです。

作品展は、明日16日(月)16時まで。
『丸井今井』一条館8階にて。



長くなってしまいましたが、本日はこの辺で。

次回は、もうひとりのキイ・パーソンがご登場予定!

だれかな、だれかな〜?!